自動車保険 選び方

自動車保険を安く選びたいならコチラ

入力5分、即時試算!最大17社で保険会社の見積もりが可能!
各社の保険料を比較することで、あなたにピッタリの保険に安く加入できます!
【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

個人賠償特約について

 

自動車保険には基本補償だけでなく、さまざまな特約もあります。

 

例えば、個人賠償特約はその代表的存在ですが、こちらはとても便利な特約です。

 

特に自転車に乗る方、犬を飼ってらっしゃる方は入ったほうがいいかもしれません。

 

なぜそういえるのか、これからその理由について説明していきます。

 

 

 

まず個人賠償特約とは何かというと、自動車保険の特約の一つで、車の運転とは関係のないところで、他人の持ち物を壊したり、ケガをさせてしまったときに、損害賠償金を補償する保険のことです

 

内容的には自動車保険とは関係がない気もしますが、最近はこうした特約をつけている保険会社もあります。

 

具体的にどういったケースで保険金が支払われるかというと、家の中で水漏れが起きて下の部屋の絨毯を汚してしまった、ゴルフをしていて他人をケガさせてしまった、犬と散歩していたら犬が他人に噛み付いてしまった、ショッピング中に高給な商品を破損させてしまった、自転車を運転中に他人をケガさせてしまった・・。

 

こうしたことが起きた場合に、個人賠償特約で治療費や損害賠償金を補償することができます。

 

メリットは、日常生活のトラブルにおける補償を、自動車保険でまとめてカバーできることです

 

専用に新たに保険に入る必要がなく、自動車保険に入るときに特約として付帯させれば、手続きは一つで済みます。

 

うっかり他人にケガをさせたり、他人の物を壊してしまうことは誰にでもあるでしょう。

 

そうしたトラブルへの備えとして、個人賠償特約を付けておくのはとてもいいことです。

 

 

補償されないこともあるので、その都度保険会社に確認をしましょう

 

ただし、個人賠償特約に入っても補償されない範囲というのがあるので、その点は注意しておいてください。

 

例えば、他人にケガをさせたり他人の物を壊しても、それが職務や業務に起因する場合は、個人賠償特約で損害賠償責任をカバーすることはできません。

 

また、賠償責任が居住用ではない不動産に起因する場合、車の使用や管理に起因する賠償責任においても、同じく個人賠償特約の補償対象になりません。

 

補償範囲は保険会社ごとに違いがありますので、その点も確認しておかなければなりません。

 

いずれにしても、補償できる場合とできない場合があることを知っておいてください。

 

さらに個人賠償特約は、もともとサービスを取り扱っていない保険会社もあります。

 

比較的一般的な特約ではありますが、特約自体がないところもありますので、この点も加入前に確認しておく必要があります。

 

あと、自動車保険ではなく、火災保険など、ほかの保険に特約としてついている場合は、はずしておいたほうが無難だと思います。