自動車保険を安く選びたいならコチラ

入力5分、即時試算!最大17社で保険会社の見積もりが可能!
各社の保険料を比較することで、あなたにピッタリの保険に安く加入できます!
【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

特約の無駄をなくす


家族で複数の自動車を保有することは、今では当たり前になってきます。この結果、家族で複数台の自動車保険契約をする場合が発生します。

 

その場合、補償内容の重複に注意しなくてはなりません。補償内容が重複すると無駄な保険料を支払っていることになるからです。

 

 

 

特にオプションの補償として付けられる特約には注意が必要です。特約の中には家族の誰か一人が付けていれば家族全員が補償されるものがあるからです。

 

 

 

1)弁護士費用特約

相手の100%過失のある事故で、示談交渉は被害者の保険会社が行うことができませんので、その代わりに弁護士さんを使います。

 

その費用を補償する特約のことです。

 

相手の100%過失のある事故というと、信号待ちで停車中に追突されたとか、歩行中に車と接触しケガをしたなどが挙げられます。

 

この特約は家族のうち誰か一人が付帯していれば家族全員が補償されるため、重複を避けるために他の家族が付帯していないか確認する必要があります。

 

 

 

2)個人賠償特約

 

車とは無関係でも、個人で賠償しなければならない場合に、それを補償する特約のことです。

 

みなさんが契約することは自動車に関することになのに、無関係な契約を結ぶ必要があるのか、よくわかりません。

 

また、自動車保険以外の保険でもありますし、重複している場合があります。

 

 

 

 

3)代車特約

 

不要な特約の中で結構つけている人の多いのが代車特約で、事故を起こしたときの代車の費用を補償する特約です。

 

しかしまず被害者の場合には加害者が代車の費用負担をするのが一般的ですから、わざわざ特約として付帯する必要がないのです。

 

 

また自分が加害者側で車を破損してしまった場合でも、週末しか利用しない、別に自動車がしばらくなくても大丈夫、というのであればこれまた不要です。

 

修理工場の中には代車を出してくれるところもありますから、加入を検討している人は代車特約が本当に必要か見直しましょう。

 

 

 

4)ファミリーバイク特約

ファミリーバイク特約も重複の対象となります。ファミリーバイク特約は、保険契約者(記名被保険者)やその家族らが125cc以下のバイクに運転して、事故を起こした場合に、必要な補償を行うという保険です。

 

この保険も、複数ある自動車保険契約のうちのどれか一つにファミリーバイク特約を付ければ、家族全員のバイク保険をカバーできます。

 

ですから、この保険を複数ある自動車保険のすべてについて附帯させていると、保険の重複が起き、無駄な保険料の支払いが発生します。

 

 

 

契約しているみなさんも、保険で要らないなあと思っている特約があると思いますので、特約の無駄をなくしてみて、保険料を安くしてはみませんか?

 

 

 

>>>運転者限定割引き

 

ファミリーバイク特約の関連記事はコチラ
>>>ファミリーバイク特約とは

 

 

 

自動車保険の一括見積もりで、保険料が平均25,000円安くなっています。


「自動車保険一括見積りサービス」の中でもお勧めは【保険スクエアbang!】です。

 

無料で大手保険会社のサービスや保険料を一覧で比較できます。

 

各保険会社それぞれの資料を調べる手間が省けて、一番お得な任意保険を選べます。