自動車保険を安く選びたいならコチラ

入力5分、即時試算!最大17社で保険会社の見積もりが可能!
各社の保険料を比較することで、あなたにピッタリの保険に安く加入できます!
【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

一年ごとに、保険内容を見直す

自動車保険は、一年で更新されるのが一般的です。一年ごとに見直しも必要があります。なぜでしょうか?

 

 

 

まず運転する人が変わっていないか?


お子さんが自動車免許を取得して、保険契約者とお子さんが1台の自動車を共有するようになった時や、反対に、同居しているお子さんが独立して自動車を共有する人が減った時も、自動車保険の見直しを行うべき時期となります。

 

 

 

例えば、同居しているお子さんが運転免許を取得し、以前は父親のみが運転していた車を父子で共有して運転するようになったとします。このような場合には、例えば、運転者年齢条件を「35歳以上補償」から「全年齢補償」へ、また、運転者限定条件を「本人限定」から「家族限定」に変更する必要があります。

 

そうしないと、お子さんが事故に遭った際に補償を受けられなくなってしまうので、お子さんが車を運転する際には必ず年齢条件や運転者条件の変更を自動車保険会社に申告して下さい。

 

反対に、同居かつ1台の自動車を共有して運転していたお子さんが独立し、以前は父子で共有していた車を、今度は父親のみで運転するようになったとします。
このような場合には、運転者年齢条件を「全年齢補償」から「35歳以上補償」に、運転者限定条件を「家族限定」から「本人限定」に変更する必要があります。

 

 

 

ゴールド免許を取得したとき


自動車保険を見直すタイミングとして、ゴールド免許を取得した時も見直すタイミングになります。

 

ゴールド免許とは、運転していて過去5年間無事故・無違反だった優良運転者に対して、免許の更新のときに交付されます。

 

 

 

その他の割引きでも記載していますが、ソニー損保だと、6%の割引きされますから、保険会社へ申告すれば、割引きを受けることが可能となります。

 

 

 

新車購入時


保険契約を見直す時期として考えられるのは、新車を購入した時期です。

 

新車を購入する場合、古い車を手放して新しい車に乗り換えるのか、古い車を手放さないで新しい車をセカンドカーにするのか、又は、古い車を手放さないで古い車の方をセカンドカーにするのか、など様々な選択肢があります。

 

 

 

古い車の等級を新車に引き継がせることで高い割引率を適用できる。

 

古い車を手放す場合には、古い車でのノンフリート等級を新しい車に引継ぎつぐことができます。

 

ですから、古い車での保険契約期間に無事故の期間が長ければ割引率もかなり大きくなっているはずです。その割引率を新しい車に適用できます。

 

 

 

ただし、前の車のノンフリート等級を新しい車に適用するためには、保険の引き継ぎを1週間以内に行わなくてはなりません

 

1週間を経過すると、ノンフリート等級はリセットされ、新しい保険の等級が6等級からのスタートになりますから、注意が必要です。

 

 

 

>>>毎年見積もりをとる

 

 

 

自動車保険の一括見積もりで、保険料が平均25,000円安くなっています。


「自動車保険一括見積りサービス」の中でもお勧めは【保険スクエアbang!】です。

 

無料で大手保険会社のサービスや保険料を一覧で比較できます。

 

各保険会社それぞれの資料を調べる手間が省けて、一番お得な任意保険を選べます。