自動車保険を安く選びたいならコチラ

入力5分、即時試算!最大17社で保険会社の見積もりが可能!
各社の保険料を比較することで、あなたにピッタリの保険に安く加入できます!
【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

毎年見積もりをとる

1年ごとに保険内容を見直すのも大事です。

 

 

 

走行距離に変化がないか?

例えば、以前は自動車で通勤していたものの、転勤で通勤に自動車を使用しなくなった場合です。この場合だと、年間の自動車の走行距離が大幅に減る可能性があります。

 

自動車保険会社によっては、年間の走行距離に応じて保険料の割引を実施している場合があります。

 

車を使う頻度が少なくなった場合には、保険会社に年間走行距離を申告したり、契約更新時期に年間走行距離に応じた割引を細かく行っている自動車保険会社に乗り換えることで保険料が割安になります。

 

 

 

例えば、ある会社が運営している自動車保険は、年間の予想走行距離に応じて、保険料を設定しています。

 

年間(予想)走行距離が3,000q以下の条件の基本保険料は¥55,300です。

 

同じく年間(予想)走行距離が7,000q超9,000q以下の場合には¥66,000です。

 

無制限の場合には¥84,000となります。

 

 

 

このように年間の予想走行距離別に保険料を設定している自動車保険契約を締結している場合には、通勤により自動車を使用しなくなるなど、年間走行距離が大幅に減少することが予想される場合には、そのことを保険会社に申告して保険契約の内容を見直せば、保険料を節約できます

 

 

 

見直しのベストなタイミング


自動車保険乗り換えのベストタイミングはいつなのでしょうか?

 

答えは、現在の保険の満期日(契約終了時)です。

 

自動車保険の等級は、同じ保険で1年間無事故だった場合、1等級ずつアップします。

 

この等級は新しい保険でも適用されますが、『無事故だった期間』は保険会社ごとにカウントされるため、乗り換え先に引き継がれることはありません。

 

たとえば、あと1ヶ月無事故なら等級アップという状況にあっても、新しい保険に乗り換えてしまったら、次回の等級アップまでまた1年間待たなければならないのです。

 

よって、最も乗り換えに適したタイミングは、等級がアップした直後となります

 

 

 

こういったわけで、毎年毎年保険を見直しを行い、見積もりをとった方がいいと思います。その場合も一括見積もりをオススメします。

 

 

 

 

>>>個人賠償特約

 

自動車保険の一括見積もりで、保険料が平均25,000円安くなっています。


「自動車保険一括見積りサービス」の中でもお勧めは【保険スクエアbang!】です。

 

無料で大手保険会社のサービスや保険料を一覧で比較できます。

 

各保険会社それぞれの資料を調べる手間が省けて、一番お得な任意保険を選べます。