自動車保険 選び方

自動車保険を安く選びたいならコチラ

入力5分、即時試算!最大17社で保険会社の見積もりが可能!
各社の保険料を比較することで、あなたにピッタリの保険に安く加入できます!
【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

人身傷害補償って何ですか?

 

人身傷害補償保険は、自動車保険のなかでは「ご自身・搭乗中の方への補償」という項目に含まれる保険で、人身事故に関する傷害保険となります。

 

損害保険の会社によっては、「人身傷害保険」や「人身傷害補償特約」などと表現が異なる場合がありますが、補償の中身は同じです。

 

 

 

実際、その保険の主な特徴は以下のとおりです。

 

  • 実際に発生した損害額を補償してもらえる
  • 示談交渉・過失割合に関係なく保険金が受け取れる
  • 単独事故も補償される
  • 契約内容によっては、歩行中など搭乗中以外の人身事故も補償対象となる

 

特に2点目は交通事故を起こしたときの過失割合に関係なく、保険金が受け取ることができますし、過失割合の結果が決まる前に、保険金を受け取ることができるケースがあります

 

 

これはうれしいかぎりです。

 

こうしてみると自損事故保険や無保険車傷害保険にも似ているところがありますが、どちらも自動付帯保険ですから、保険金額も限定的です。

 

また無保険車傷害保険はケガの補償はなく死亡、もしくは後遺障害とならなければ保険がおりません(ケガの補償は自賠責から支払われる)。

 

人身傷害補償保険は、死亡、後遺障害はもちろんですが、ケガの補償も当然あります

 

また搭乗者傷害とは違い、入院・通院費等の治療費の実費のほか、逸失利益、休業補償、精神的損害(慰謝料)なども請求できます

 

 

 

 

搭乗者傷害保険は、日数払いの契約でも入院・通院費は定額払いですが、人身傷害補償は実際にかかった費用を請求できるのです

 

したがって、搭乗者傷害保険とも補償内容は異なるということです(そのため2つかけておくと、両方の保険から保険金が支払われる)。

 

そして搭乗者傷害も保険金額は過失割合に左右されませんが、人身傷害補償のように示談をまたずにというわけには行きません。

 

搭乗者傷害保険は示談がまとまり、ケガの部位・症状、または入院や通院日数が決まってから保険金が支払われます。

 

表現が悪いですが、保険会社の人身担当者が、適切に手早く損害額の計算をしてくれさえすれば、相手が示談に応じようとしなくても、逃走して行方がわからない状態でも、自分を守ることができるということです。

 

人身傷害補償保険は、以前はダイレクト系損保の自動車保険では扱いがありませんでしたが、現在では、おそらく全社で取り扱いがあります。

 

自動車保険の傷害補償には、人身傷害補償をつけておくことをおすすめします。

 

 

>>>搭乗者傷害保険について

 

自動車保険の一括見積もりで、保険料が平均25,000円安くなっています。


「自動車保険一括見積りサービス」の中でもお勧めは【保険スクエアbang!】です。

 

無料で大手保険会社のサービスや保険料を一覧で比較できます。

 

各保険会社それぞれの資料を調べる手間が省けて、一番お得な任意保険を選べます。