自動車保険 選び方

自動車保険を安く選びたいならコチラ

入力5分、即時試算!最大17社で保険会社の見積もりが可能!
各社の保険料を比較することで、あなたにピッタリの保険に安く加入できます!
【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

搭乗者傷害保険について

 

車で事故を起こしたら、車の損害もありますが、人の損害もあります。

 

車の損害は車両保険がカバーしますが、人の損害は何でカバーできるのでしょうか?

 

それは搭乗者傷害保険と人身傷害補償保険です。

 

自動車保険に入るときは、必ずこの二つの保険についてセットで考えておかなければなりません。

 

ここでは搭乗者傷害保険の特徴について解説していきます。

 

 

 

搭乗者傷害保険とは、車の運転者が事故でケガをした場合、その損害を補償してくれる保険サービスのことです。

 

車の運転者といいましたが、車の助手席に乗っていた人、もしくは後部座席に乗っていた人、要するに車の運転手を含めて乗っている人全員の損害が補償される保険です

 

搭乗者傷害保険の特徴はたくさんありまして、例えば、この保険を使っても翌年のノンフリート等級には影響が出ません。

 

つまり、搭乗者傷害保険を使って補償をしてもらっても、等級は下がらないということです

 

これは大きな特徴であると同時にメリットだといえるでしょう。

 

ノンフリート等級に関する記事はコチラ
自動車保険の等級制度とは

 

無事故割引き

 

 

さらに、損害に対する補償範囲がとても広いのも搭乗者傷害保険の特徴です。

 

同じく損害を補償してくれる保険には、対人賠償や対物賠償がありますが、それらと比べても搭乗者傷害保険は、補償範囲の広さが際立っています。

 

なぜなら、対人賠償と対物賠償では他人の体と持ち物だけが補償対象でしたが、搭乗者傷害保険では搭乗者全てが補償対象になるからです。

 

ドライバーはもちろん補償対象ですが、それ以外にも、同居している家族、配偶者、契約者本人も補償対象です。

 

 

 

搭乗者傷害保険と人身傷害補償保険は似ている

 

 

さらに搭乗者傷害保険のいいところは、事故の相手からすでになんらかの賠償金が支払われている場合でも、補償がなされるということで、例えば、事故で相手側が悪かったときは損害賠償金が支払われますが、搭乗者傷害保険はそうした支払いに関係なく補償がなされるのです。

 

もちろん、自賠責保険が支払われた場合でも補償してくれます。

 

ところで、自動車保険を安くするためには、搭乗者傷害保険について人身傷害補償保険との兼ね合いをよく考えたほうがいいと言われます。

 

これは確かにそのとおりだといえます。

 

というのは、搭乗者傷害保険と人身傷害補償保険はとてもよく似ているからです。

 

共に事故でケガを負った場合の治療費を補償してくれるものであり、自動車保険では欠かせない補償となっています。

 

ただし、補償金額の計算方法や補償範囲が異なっているので、自分が受けたい補償が何なのかをよく考えてから、どちらに加入するかを決めてください。

 

ちなみに搭乗者傷害保険では、どこをケガしたか、どのぐらいの症状かによって、支払額が変わってきます。

 

>>>トップページへ戻る

 

自動車保険の一括見積もりで、保険料が平均25,000円安くなっています。


「自動車保険一括見積りサービス」の中でもお勧めは【保険スクエアbang!】です。

 

無料で大手保険会社のサービスや保険料を一覧で比較できます。

 

各保険会社それぞれの資料を調べる手間が省けて、一番お得な任意保険を選べます。