自動車保険を安く選びたいならコチラ

入力5分、即時試算!最大17社で保険会社の見積もりが可能!
各社の保険料を比較することで、あなたにピッタリの保険に安く加入できます!
【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

損害保険会社を見直す


安い自動車保険を選ぶ際、自動車保険の保険会社を見直すのが先決です。ここでは保険会社の種類について説明します。

 

メディアでよく耳にする「通販型(ダイレクト型)」自動車保険と、従来の「代理店型」自動車保険の違いについてです。それらの特徴を紹介していきましょう。

 

 

 

 

「通販型(ダイレクト型)」と「代理店型」の特徴

「通販型」自動車保険とは、インターネットや電話等を介して契約者と保険会社が直接契約を結ぶ自動車保険のこと。

 

平成10年に法律が改正され、各保険会社が保険料を自由に設定できるようになったのをきっかけに普及しました。

 

それ以降、保険料の安さと契約の手軽さで人気を集め、現在では数十社が通販型の自動車保険を展開しています。

 

一方、「代理店型」自動車保険とは、代理店を通して保険会社と契約する自動車保険のことを指します。

 

それぞれのおもな特徴を下にまとめたので、確認してみましょう。

 

 

 

通販型自動車保険の特徴

  • 取扱商品

インターネットから加入申込みができる保険や、通販型ならではの割引が存在します。一般的に、代理店型よりも保険料は安く済みます。また、通販型では、後述しますインターネット割引きなど、契約者にとってのお得な割引きが満載です。

 

  • 相談・見積もり

電話やメールでのやり取りが中心になります。自分で情報収集をして担当者に質問したり、相談や見積もりを依頼することになりますが、納得できるまでプランを比較・検討できるのが魅力。

 

  • 申込み等の諸手続き

申込み手続き等は、郵送やインターネットを使って行います。店舗に出向く必要がなく、空いている時間に作業できるなど、お仕事で忙しいサラリーマンでも手続きしやすい。

 

 

 

 

代理店型自動車保険の特徴

  • 取扱商品

生命保険など、自動車保険以外の保険も一括して取り扱っている代理店もあり、保険全般をまとめて契約することもできます。

 

  • 相談・見積もり

店舗の担当者と対面で保険に関して相談でき、プロのアドバイスを受けながら補償内容を検討できるというメリットがあります。

 

  • 申込み等の諸手続き

担当者が、ほとんどの手続きを代行してくれるので、手間を省くことができます。

 

 

 

 

「通販型」自動車保険の最も大きな特徴は、保険料の安さです。

 

それでは、なぜ通販型自動車保険は保険料が安くなるのか?

 

これを理解するためには、自動車保険の保険料のしくみについて知っておく必要があります。

 

自動車保険の保険料は「純保険料」と「付加保険料」という2つの要素に大別されます。

 

純保険料は、契約者に対して保険金を支払うための原資として利用されます。

 

 

 

 

一方、付加保険料は保険金の支払い以外に必要な、広告費、人件費、代理店手数料、店舗経費などの会社の運営に充てられるものです。

 

このふたつのうち、安さの決め手になるのは付加保険料。特に代理店の手数料が高いのではないかとも言われていました。

 

通販型自動車保険は電話やインターネットで契約を行なうため、必ずしも店舗を持つ必要がなく、その経費や店舗運営に伴う人件費、代理店手数料といったコストを抑えることができます。

 

こういったコスト削減により付加保険料を抑えて割安な保険料を実現しているのです。

 

こういった違いを知るだけでも、安い自動車保険を選ぶことできます。

 

つまり、契約している損保保険会社を見なすだけでも、自動車保険を安くすること可能です。

 

 

 

 

>>>車の買い替えで保険を安くする

 

 

自動車保険の一括見積もりで、保険料が平均25,000円安くなっています。


「自動車保険一括見積りサービス」の中でもお勧めは【保険スクエアbang!】です。

 

無料で大手保険会社のサービスや保険料を一覧で比較できます。

 

各保険会社それぞれの資料を調べる手間が省けて、一番お得な任意保険を選べます。