自動車保険を安く選びたいならコチラ

入力5分、即時試算!最大17社で保険会社の見積もりが可能!
各社の保険料を比較することで、あなたにピッタリの保険に安く加入できます!
【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

車両保険は必要?


車両保険は、事故を起こしたときの自分の車を補償する保険をいいます。

 

保険料を大きく影響するので、付けるか付けないか悩ましいところです。

 

しかし、車両保険に入っていないと、以下に述べたような自分のお金で支払うことになります。

 

 

 

(例)
Aさんが新車を購入。まもなくして、自損事故を起こしてしまいました。

 

バンパー・フェンダー・ライト交換だけでよかったものの、車両保険を入っていかなかったため、修理代全額を自費で支払った。

 

 

 

 

上の例では、部分的な修理だけだったら、幸いだったかもしれません。

 

もし全損だったら、自動車のローンだけが残り、別の車を購入する必要がある場合、経済的な負担が大きくなります。

 

十分な貯蓄がある場合は除いて、車両保険は入っていた方がお得なのではないでしょうか。

 

 

 

 

車両保険は、エコノミーそれともフルカバー?

 

車両保険には、大きく分けて2つのタイプがあります。

 

単独事故や当て逃げも補償してくれる「フルカバータイプ」と補償内容を限定した「エコノミータイプ」です。

 

エコノミータイプは、各保険会社に呼び名が違います。エコノミータイプの方が安くなります。

 

 

 

 

フルカバータイプの補償内容

 

  • 電柱など、自動車意外の物との衝突
  • 当て逃げ(相手の車が不明)
  • 転覆、墜落
  • 他の自動車との衝突・接触(*)
  • 火災・爆発
  • 盗難
  • 台風・洪水・高潮
  • いたずら・落書き

 

 

 

 

エコノミータイプの補償内容

 

  • 他の自動車との衝突・接触
  • 火災・爆発
  • 盗難
  • 台風・洪水・高潮
  • いたずら・落書き

(*)相手方の運転手と所有者が判明した場合に限り補償

 

 

 

 

先ほども説明したように、例えば自損事故により、自動車が全損で損害額が大きい場合や、車のローンが残っていたりする場合はフルカバータイプの方が安心するかもしれません。

 

高級車に乗っている人や、運転に自信がない人は、フルカバータイプの方がいいかもしれません。

 

当て逃げで、相手が不明だったら、仕方がないと割り切って、エコノミータイプにする人もいるでしょう。今の貯蓄状況を考慮して決めたほうがいいです。

 

 

 

 

新車を購入し、後述の「新車割引き(特約)」を利用することで、エコノミータイプを選んで、保険料を安くことも検討できるでしょう。

 

各保険会社によっても、違うかもしれませんが、初年度登録年月から25ヶ月に契約することができます。

 

 

 

>>>免責で安く選ぶ

 

 

 

自動車保険の一括見積もりで、保険料が平均25,000円安くなっています。


「自動車保険一括見積りサービス」の中でもお勧めは【保険スクエアbang!】です。

 

無料で大手保険会社のサービスや保険料を一覧で比較できます。

 

各保険会社それぞれの資料を調べる手間が省けて、一番お得な任意保険を選べます。